禁煙外来 No Smoking! Imported

禁煙治療にかかる費用

054.gif2006年から、健康保険等を使って禁煙治療が受けられるようになりました。

健康保険等を使った禁煙治療にかかる費用(自己負担分3割として)は、処方される薬にもよりますが約3ヶ月で12,000~19,000円程度です。
これは、1日あたりで換算すると約130円~約200円となります。
毎日20本タバコを吸う方なら、タバコ代の半分の料金で治療が行えます。


お問い合わせ(横)

タバコの有害物質

タバコ

063.gif科学物質と発がん性物質

 

タバコの煙には、4,000種類以上もの化学物質が含まれています。
そのうち、発がん性物質は、なんと60種類といわれます。

タバコの害

041.gif表面の変化


010.gif 皮膚のハリがなくなってきます。
010.gif 目じり・口周りなどのしわの増加。
010.gif 歯や歯ぐきの着色、口臭。
010.gif 白髪、頭髪の脱毛など。


15


041.gif
病気
 
010.gif 動脈硬化 血管(動脈)の壁が厚くなり、血液が通りにくくなったり、全く通れなくなったりする状態。
010.gif 糖尿病 吸わない人の2.6倍糖尿病になりやすいという調査結果もあります。
010.gif 心筋梗塞 心筋に酸素や栄養を送る血管(冠動脈)が詰まることが原因です。
010.gif 脳卒中 1日に21本以上たばこを吸う中年男性では、脳卒中にかかるリスクがたばこを吸わない人に比べて4倍以上になるという調査結果もあります。
010.gif 高血圧 高血圧の人では、心筋梗塞や脳卒中の原因となる動脈硬化が進みやすくなっています
010.gif 高脂血症 タバコは、悪玉(LDL)コレステロールが血管にたまりやすく、動脈硬化が進みます
010.gif COPD 慢性閉塞性肺疾患といい、咳やたん、息切れなどが出ます
010.gif 喘息 タバコに含まれる有害物質の影響で、発作が誘発されたり、気道の粘膜が炎症を起こします。
010.gif 肺炎 「急性好酸球性肺炎」や「剥離性間質性肺炎」等は、喫煙との強い関連があるといわれています。
010.gif ガン  特に肺がんは喫煙との関連が強く、肺がんの死亡のうち、男性で70%、女性で20%は喫煙が原因だと考えられています。
010.gif 骨粗しょう症

タバコは胃腸の働きを抑え、食欲をなくし、カルシウムの吸収を妨げます。

骨粗鬆症になる危険因子の1つということができます。
010.gif バセドウ症 喫煙をしない人に比べ、喫煙者では甲状腺のサイズが大きくなりやすいことがわかりました。
010.gif メタボ タバコを吸うと脂質代謝や糖代謝への影響などを介してメタボリックシンドロームの発症リスクを高めます。
010.gif 胃潰瘍 タバコが原因で胃潰瘍や十二指腸潰瘍になると治療しても治りにくい再発しやすい胃ガンや直腸ガンにも発展します。
010.gif SIDS
(乳幼児突然死症候群) 
タバコはSIDS発症の大きな危険因子です。妊娠中の喫煙はお腹の赤ちゃんの体重が 増えにくくなりますし、呼吸中枢にも明らかによくない影響を及ぼします。 


お問い合わせ(横)

 

内視鏡検査(胃カメラ)について

内視鏡検査(胃カメラ)当院では、口から入れる胃カメラ(経口内視鏡)の検査を行っております。胃カメラは月曜~土曜まで行っております(※ご予約の方優先となります)、ご希望の方は前日までにご予約の程よろしくお願い致します。※患者様の病状により随時行う場合もございます。適切的確な検査を行うため、検査前日の午後8時から検査開始まで、絶食絶飲をお願いいたします。
PAGETOP